PRIVATE BANKER

プライベートバンカー

調査概要
調査目的 富裕層に対して、プライベートバンカー資格に関する意識や受容性を把握すること。
エリア 全国
サンプル数 世帯金融資産3,000万円以上の富裕層サンプル:3,051ss
調査対象 ・世帯金融資産1億円以上の富裕層:966ss
・世帯金融資産1億円以上の富裕層×経営者:266ss
調査手法 インターネット調査
調査時期 2014年8月
調査実施 株式会社 電通
出展元:日本証券アナリスト協会HP 2020年3月
PB資格の認知レベル
富裕層全体では3割弱
世帯金融資産1億円以上で3割強
世帯金融資産1億円以上の経営者でみると4割程度まで認知
一方でFP資格は、総じて8割
PB資格関心度
富裕層全体では約4割
世帯金融資産1億円以上の経営者6割
FP資格3割強
富裕経営者層における関心度では、PB資格に軍配が上がる。